増島城跡(岐阜県指定史跡)

白壁土蔵のまち・飛騨古川の原点となった城

前へ 次へ
増島城は、金森長近が飛騨国支配における古川盆地の押さえとして築いた平城です。高山藩2代目藩主・金森可重が初代藩主を務めました。
現在は、古川小学校と飛騨市特別支援学校の間に、櫓台の石垣と堀の一部が残っています。櫓台の上には、増島天満神社(気多若宮神社に合祀)の社殿とその横に、御蔵稲荷神社があります。

飛騨古川まつり会館にて、増島城のご城印(1枚300円)を販売中
増島城で登城記念カードをゲットして、ご城印に登城記念スタンプを押してもらいましょう!
※積雪が予想される冬期(12月~3月)は登城記念カードなしでも登城記念スタンプの押印はできます。

紹介記事は こちら をご覧ください。
住所 〒509-4222
岐阜県飛騨市古川町片原町8−35 MAP
アクセス 飛騨古川駅から徒歩約10分
備考 飛騨古川駅裏無料駐車場をご利用下さい。
こちらもオススメ!
  • 増島城の御城印販売中!
  • 飛騨古川まつり会館
周辺スポットを探そう!

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する