高田神社例祭

戦国時代より伝わる火縄銃の発砲

前へ 次へ

戦国時代の戦において実際に使われていたという二丁の火縄銃が御神輿行列の巡行の際に発砲されます。春の野山にこだまする銃声は御神域を清めます。この本 物の火縄銃の重みと迫力が目の前で実感でき戦国時代を連想させるロマンがあふれます。また、県指定の重要無形民俗文化財に指定されている神楽獅子は両手に 采(さい)を持ち悪魔払いの儀式をしながら舞う珍しい獅子舞です。

【令和4年度の例祭について】
日時:4月28日(木)10:00~ 雨天決行
場所:神社敷地内

   行列、火縄銃は実施しない

参考写真はこちら

 

住所 岐阜県飛騨市古川町太江2996番地 MAP
周辺スポットを探そう!

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する