三寺まいり

冬の幻想 白壁を揺らす灯火

前へ 次へ

飛騨古川に、200年以上も前から続く独特の伝統風習『三寺まいり』は、毎年1月15日の夜、親鸞聖人のご恩を偲び、町内の3つの寺、円光寺・真宗寺・本光寺を詣でるならわしです。
その昔、野麦峠を越えて信州へ糸引きの出稼ぎに行った年頃の娘たちが着飾って瀬戸川の川べりを歩いて巡拝し、男女の出逢いが生まれたことから「嫁を見立ての三寺まいり…」と飛騨古川の小唄にも唄われ、縁結びが叶うおまいりとして全国に知られるようになり、恋の御利益があるということでたくさんの若者が訪れます。

着物レンタルもあり、着物で着飾ってお参りできます。

三寺まいりの特集ページはこち

参考写真はこちら

------------------------------
※開催規模について
令和4年度1月15日(土)12:00~21:00

【実施】
・雪像ろうそく
・山門ライトアップ
・門前市(テイクアウトできる物のみ販売)
・千本ろうそく
・とうろう流し

【中止】
・レンタル着物
・和装モデル

イベント当日は発熱や体調の悪い方の来場をお控えください。
お越しになる場合はソーシャルディスタンス確保、マスクの着用、こまめな消毒にご協力ください。
-----------------------------

住所 岐阜県飛騨市古川町 MAP
電話番号 0577-74-1192  (飛騨市観光協会)
アクセス JR高山本線飛騨古川駅から徒歩5分
備考 <着物レンタル>
受付・着付場所:麒麟会館(岐阜県飛騨市古川町壱之町11-7)
受付時間:13:00~17:30 返却時間:~20:00
料金:3,000円/1日(着付けサービス)
申込先:(一社)飛騨市観光協会 0577-74-1192
周辺スポットを探そう!

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する