LOCAL INFO

おすすめ情報

世界一美味しいお米が育つまち

飛騨市のお米が美味しいワケ

飛騨市のお米が美味しいワケ

世界一美味しいお米が育つまち「飛騨市」。飛騨市の美味しいお米を農家直送でお届けするキャンペーンをご紹介。

2020/12/08

どうして飛騨米は美味しいの?

飛騨市の面積の約93%が森林ですが、その森林のうち7割が広葉樹です。広葉樹は秋になると私たちの目を楽しませてくれるだけではなく、落ち葉が堆肥のかわりとなって山々に豊富な栄養素を提供してくれています。

山々に降った雨が豊富なミネラルを蓄え、小川となり谷川となって私たちに大きな恵みをもたらします。そして、その水を吸った飛騨米は、飛騨特融の寒暖差の大きな気候とともに生命力の強いお米に育ちます。

世界一に選ばれたお米

「第20回米・食味分析鑑定コンクール国際大会」で全国から集まった5717点の出品のうち、飛騨市内で生産された「米」が国際総合部門で金賞3本、特別優秀賞1本、また栽培別部門では金賞1本、特別優秀賞3本を受賞し、飛騨市の「米」が全国でもトップクラスに食味・味度が高いことが証明されました。

マイ米を見つけよう!飛騨米トリップ

飛騨市のお米を農家直送で販売する企画をスタート!それぞれの農家さん、お米の個性を知っていただくため、6農家が丹精込めて育てたお米を販売。米の味わいを「粘り、甘味、食べ応え、弾力、香り」の5つの指標で表し、それぞれの好みに合わせたお米をお選びいただけます。

〈開催期間〉令和2年11月20日~令和3年2月28日 

ごはん屋さんに聞いた!おいしいごはんの炊き方

① 計量したお米をざるに入れ、ボウルに水をはります。お米は水に触れた瞬間から水を吸収するため、ざるをボウルにつけ手早く1~2回程度かき混ぜたら水からあげます。
② ボウルに新しい水を注ぎ、手を「野球ボールを握っているような形」にしてやさしく10回ほどかき混ぜ水をかえる作業を、新米の場合は3~4回、古米の場合は6~7回ほど行います。
③ 1~2分程度ざるで水切りをしたあと炊飯器の内釜へ、お米と規定の水を入れ40分~1時間水に浸します。時間がないときはぬるま湯で10分~15分浸します。
④ お米1合につき1個の氷を入れ、氷の分だけ少し水を減らして「炊飯ボタン」を押します。
⑤ ごはんが炊けたらぬらしたしゃもじを内釜に沿うようにぐるりと一周させ、お米を十字に切り、ごはんをつぶさないようにひとかたまりずつ空気を入れるようにほぐします。

ふるさと納税でも手に入る

飛騨米は、ふるさと納税を通じても購入可能です。ぜひこの機会に飛騨のお米の美味しさをお試しください!

飛騨市のふるさと納税