LOCAL INFO

おすすめ情報

神岡の城をお得にめぐろう!

神岡の城をお得にめぐろう!

お得な飛騨神岡の城めぐりのキャンペーンを開催します。

2021/06/14

夏休み限定キャンペーン実施します!

飛騨市では、『飛騨神岡の城めぐり~サマーキャンペーン2021~』として、飛騨市神岡町内にある2つの城(神岡城・江馬館)を、お得に見学できる特別共通入館を発売します。
期間は、令和3年7月1日(木)から9月30日(木)までの2ヶ月間限定。
 ⇒ 11月30日(火)まで期間延長になりました!

通常、大人650円のところ500円、子ども360円のところ270円で購入できます。共通入館券はどちらの館でも購入いただけます。

さらに、共通入館券を購入した先着500名の方に、特製クリアファイルをプレゼント。
チケットホルダーにもなる二つ折のミニファイルで、飛騨市内で購入できる江馬氏館・増島城の御城印も入れることができます。
  ⇒ ご好評につき配布を終了しました。

北飛騨の雄・江馬氏の本拠・江馬氏館

江馬氏館は、室町時代から戦国時代にかけて高原郷を支配していた地方領主・江馬氏の居館で、国の史跡及び名勝に指定されています。
室町時代の江馬の殿様が当時眺めたものと同様の飛騨の雄大な山々と美しい庭園風景を会所建物から眺めることができます。
詳しく知る

江馬氏館は御城印を販売中!

道の駅スカイドーム神岡内の売店では、江馬氏館の御城印を販売しています。
御城印を購入の際に、江馬氏館のチケットの半券を提示すると、「登城記念」のスタンプを押印してもらえます。また、御城印を持参して江馬氏館に入館された方にも、館内でスタンプを押印してもらえます。

神岡の歴史を語る・神岡城

町並みを見渡せる高台にある神岡城は、かつて東町城と呼ばれ、戦国時代に江馬氏が築き、その後に金森氏が改修して出城として使ったと考えられています。
現在の天守閣は、昭和45年に神岡町のシンボルとして建てられましたが、当時の遺構を残す濠や石塁などは、戦乱の往時を思いおこせてくれます。

この機会にぜひ、神岡のお城めぐりに足をお運びください!
詳しく知る