燃えるような紅葉と河ふぐを味わう秋の旅|おすすめコース|飛騨市公式観光サイト「飛騨の旅」

78,79,89

特集から探す

1泊2日

秋の風景と味覚に酔いしれる

燃えるような紅葉と河ふぐを味わう秋の旅

紅葉の輝きに包まれながらの山歩き、清流の恵みを味わい、秋の味覚をお土産に――。

飛騨の厳しい気候が織りなす鮮やかな秋を満喫しましょう!

地図を拡大
スタート
 
飛騨古川駅から車で50分
紅葉に染まる北飛騨の森へようこそ!
紅葉に染まる北飛騨の森へようこそ! 
1
紅葉の森を歩く
天生県立自然公園 ~岐阜の宝もの~

夏の緑深い爽やかな表情から一転、秋には黄金色に輝く紅葉を見せてくれる天生の森。天生の紅葉は毎年9月中旬~10月中旬が見頃です。この時期は時間をたっぷりとかけて、籾糠山(もみぬか)の山頂まで登ってみましょう。山頂からは、360度見渡す限りの燃えるような紅葉を味わうことができます。10月第1日曜日には、天生湿原の匠屋敷で獅子舞が奉納されるなど、この時期ならではの楽しみもあります。

 
車で45分
飛騨じまんの味をいただこう
飛騨じまんの味をいただこう 
2
お泊りは
夜は「河ふぐ」に舌つづみ!
YuMeハウス


天生の森から、沿道の木々の紅葉を楽しみながら車で約45分。天生の森の麓・河合町稲越地区にある宿「YUMEハウス」に到着します。ここは飛騨名物の河ふぐ料理が自慢の宿です。河ふぐとは、実はアメリカ産のナマズ。増水しても水が濁らない下小鳥ダム湖で、鮎、ヤマメと共に養殖されています。清流で養殖されるため、身がしまり、雪のような白身で、フグに勝るとも劣らないことから「河ふぐ」と名付けられました。刺身、唐揚げ、鍋など、飛騨でしか味わえない自慢の味に舌つづみ!


 
車で10分
青空にリンゴが映えてキレイ
青空にリンゴが映えてキレイ 
3
果樹園でリンゴ狩り!
黒内果樹園

黒内果樹園では、9月中旬~10月下旬にリンゴ狩りを楽しむことができます。秋空の元、果樹専用の脚立を木に掛け、お気に入りの実に狙いを定めて真っ赤なリンゴをもぎ採る収穫体験は、リンゴを何倍も美味しく感じさせてくれます。入園料に持ち帰り代が含まれているプランもあるので、採れたての秋の味覚を家族や職場へのお土産にしてみませんか?

 
車で2分
9月~2月の第4日曜日にはりんご風呂も登場
9月~2月の第4日曜日にはりんご風呂も登場 
4
桃源郷温泉でリフレッシュ!
飛騨古川桃源郷温泉 ぬく森の湯すぱ~ふる

リンゴ狩りを楽しんだ後は、日帰り温泉で汗を流してリフレッシュ! 露天風呂、薬草湯、サウナと入浴施設も充実。秋にはりんご風呂も登場します。ラウンジや大広間でのんびりと休憩しながら、何度も入りたくなる温泉です。湯上りには館内のレストランで昼食を。日替わり定食は美味しく、価格もお手ごろと大人気のメニューです。

 
ゴール