開花情報|飛騨市公式観光サイト「飛騨の旅」

  • HOME
  •  > 開花情報
開花情報
開花情報
キーワードを入れて検索

香愛(かわい)ローズガーデンのバラ

  • R3.7.1撮影
  • R3.7.1撮影
  • R3.7.1撮影
  • R3.7.1撮影
  • R3.7.1撮影
  • R3.7.1撮影
  • R3.7.1撮影
  • R3.6.15撮影
  • R3.7.1撮影
  • R3.7.1撮影
例年の見ごろ 6月中旬~7月上旬
最新の状況 令和3年12月1日~令和4年4月中旬まで冬期閉園中です。
見ごろ度

令和3年12月1日~4月中旬まで冬期閉園中です。

当園は緑豊かな山に囲まれ、空が開けたロケーションの良い場所にある。ピンク、白、赤、黄色、橙etc.,...庭園に色とりどりに広がるバラの花畑はとても華やか。1,300種5,000株のバラが6月から10月にかけて次々と花を咲かせます。中でも6月中旬~7月上旬が一番の見ごろです。バラの匂いを嗅ぎながら、のんびり1日過ごしたいスポットです。

2021年12月03日 更新

瀬戸川辺りの花ショウブ

  • R3.6.23撮影
  • R3.6.23撮影
  • 花菖蒲と鯉はよく似合う。
  • 飛騨の匠文化館の中庭では毎年展示会を開催
  • 飛騨の匠文化館の中庭では毎年展示会を開催
例年の見ごろ 6月上旬~7月上旬
最新の状況 今年は例年より遅め
見ごろ度

飛騨古川の観光スポット「瀬戸川と白壁土蔵街」の川辺りには、カキツバタの見ごろが終わる6月上旬、今度は花ショウブが並べられます。これも地元の有志「花菖蒲の会」が丹精込めて育てたものです。
花ショウブは、旧古川町の町の花として親しまれてきました。現在、飛騨市の花はミズバショウですが、瀬戸川と白壁土蔵街の景色に良く合う花として飾っています。

2021年06月23日 更新

天生湿原のニッコウキスゲ

  • ニッコウキスゲとワタスゲが愛らしい。
  • 朝もやに浮かぶニッコウキスゲも美しい。
例年の見ごろ 7月上旬~下旬
見ごろ度

春のミズバショウとリュウキンカ、コバイケイソウ、タテヤマリンドウなどの見ごろが終わると、黄橙色のニッコウキスゲの季節が訪れます。7月の梅雨の晴れ間の澄んだ青空と黄橙色のニッコウキスゲのコントラストが美しい。ニッコウキスゲに遠慮しながら咲く、かわいらしい白色のワタスゲとのコントラストもまたいい。湿原を渡るそよ風の心地よさを感じながら鑑賞したい。

2021年06月09日 更新

開花情報
 
このページの先頭へ

スマートフォン版を表示しますか?