高原郷土館(神岡城)

神岡の町を見下ろす高台にある歴史資料館

前へ 次へ

町並みを見渡せる高台にある高原郷土館は、神岡城・旧松葉家住宅・鉱山資料館の3施設からなります。かつて、金森氏の出城として使われた神岡城。現在の天守閣は、昭和45年に神岡町のシンボルとして建てられましたが、当時の遺構を残す壕や石塁などは、戦乱の往事を思いおこさせてくれます。内部には鎧、刀剣、馬具などが一般公開されています。

 

住所 〒506-1123
岐阜県飛騨市神岡町城ヶ丘1-1 MAP
電話番号 0578-82-0253  (高原郷土館)
営業時間 9:00~16:30
(入館は16:15まで)
定休 12月1日~翌年3月31日(冬期休館)
開館期間中は無休
料金 <個人>大人470円  子供260円
<団体(20人以上>大人410円  子供200円
※入場券は『神岡城』『鉱山資料館』『旧松葉家』の共通券です
アクセス 〔高山市街より〕国道41・471号経由で約60分
〔富山市街より〕国道41・471号経由で約60分
〔松本方面より〕中央道松本ICより国道158号・安房峠道路経由約120分
〔飛騨市内より〕JR飛騨古川駅より車で約30分
HP 詳細はこちら
備考 駐車場:有(無料)
周辺スポットを探そう!

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する