LOCAL INFO

おすすめ情報

増島城の御城印を販売中!

増島城の御城印を販売中!

飛騨古川まつり会館で増島城の御城印発売中!

2021/06/23

御城印のご紹介

飛騨古川の原点となった城「増島城」。
書は、飛騨古川の歴史を長年研究している茂住修史さんに揮毫いただきました。

増島城はどんなお城?

増島城は飛騨古川の原点となった城で、金森長近が築きました。現在は櫓台の石垣とお堀の一部が残っており、北側の池から当時の堀幅を体感できます。
増島城址

現在、櫓台の上には、きつね火まつりの神社「御蔵稲荷神社」があります。

飛騨古川の町並み

飛騨古川の町中には、増島城の城下町の風情が残っており、武家屋敷と町人地を区切っていた城下町は用水は現在「瀬戸川」と呼ばれ、1000匹余りの色とりどりの鯉が泳ぐ、飛騨古川の代表的な観光スポットとなっています。

町中に増島城の門がある!?

円光寺の山門

町の中にも、お城を感じることのできる箇所があります。
円光寺林昌寺のお寺の山門は、増島城にあった城門を移築したと言われています。

御城印販売場所

販売場所は、飛騨古川の観光には欠かせない「飛騨古川まつり会館」の売店(1枚300円)。
増島城にある登城記念カードを、窓口に持参すれば、御城印に「登城記念」のスタンプも押してもらえます。
※積雪が予想される冬期(12月~3月)は登城記念カードなしでも登城記念スタンプの押印はできます。

増島城の御城印と合わせて、飛騨古川の歴史と文化をぜひ体感してください!